ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

離婚する際に慰謝料を請求したいです。

 相手方が不貞行為をした場合や暴力・虐待行為をした場合には慰謝料請求ができます。

 慰謝料の請求はこれらの場合に限られるわけではなく、婚姻当初から性交渉に全く無関心である場合にも認められた事例もあります。

 ただし、性格の不一致から婚姻生活が破綻した場合には慰謝料が認められない傾向です。

 慰謝料の額はケースバイケースですが、婚姻期間、支払側の資力、有責性、未成年の子の有無等を総合考慮して決められます。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です