ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

退職金は財産分与の対象になりますか。

 退職金は、労働の事後的な評価とされていますから、婚姻時~別居時の期間に対応する退職金が財産分与の対象になります。

 ただし、財産分与を行う時点で退職年齢に達していない場合は、将来の退職金をどう評価するかは様々な見解があります。

 とはいえ、一般的には、別居時に自己都合退職した場合の退職金相当額を考慮することが多いようです。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です