ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

住宅ローンが残っている不動産はどうすればよいですか。

①不動産時価>住宅ローン残高の場合

 不動産の時価が住宅ローンの残高を上回る場合は、その不動産を売却して得た代金から住宅ローンを完済した後の残額を分ければ良いです。

 もちろん、売却せずに不動産の査定額から住宅ローンを差し引いた金額をもとに分与額を決めても良いです。

 いずれにしても、不動産の時価が住宅ローンの残高を上回る場合は、それほど問題になることはありません。

②不動産時価<住宅ローン残高の場合

 不動産の時価が住宅ローンの残高を下回る場合には工夫が必要になります。

 例えば、不動産の名義人が夫で、住宅ローンも夫が返済している場合を考えてみます。

 不動産名義も夫のままで住宅ローンも夫が返済しながら、妻と子がその不動産に住み続けるという方法があります。

 この場合、妻は、不動産の所有権を取得することはできませんが、一定期間、その不動産に無償で済むことが出来ます。

 しかし、夫が住宅ローンを支払わない場合には、いきなり追い出されてしまうリスクがあります。

 では、夫が住宅ローンを払い続け、妻に不動産の所有権を移転させる場合はどうでしょうか。

 夫が住宅ローンを完済すれば、妻は抵当権のない不動産を取得することができますので、妻としてはメリットが大きいと思います。

 しかし、住宅ローン金融機関の承諾を得なければ不動産の所有権を妻に移転できない場合もありますので、事前に調査しておきましょう。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です