ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

財産分与の対象となるのはどんな財産ですか。

 財産分与の対象となるのは、夫婦が協力して得た財産ですから、一般的には「婚姻時~別居時」までに得た財産が対象となります。

 それらの対象財産の評価額が問題になりますが、現預金のように、ほとんど価値が変わらないような財産なら、別居時の残高を基準にします。

 しかし、株式や不動産など値動きのある財産の場合は、時価で評価することになります。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です