ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

夫又は妻の不倫や暴力行為があった場合、どのような準備をしておけ…

 裁判所は、「証拠による証明」がなければあなたの主張を認めてくれません。

 なぜなら、どちらが本当のことを主張しているのか、第三者である裁判所は分からないからです。

 そして、裁判所が判断しやすいように、できるだけ「客観的な証拠」を集める必要があります。

 例えば、メール、SNS(LINE、Twitter、Facebook等)、写真、録音、診断書、動画等、できるだけ客観的な証拠をたくさん用意して下さい。

 また、不倫が疑われる場合は、信頼できる調査会社に依頼することも考えられますが、調査会社に依頼する場合は費用がかかりますので、見積りをとるなどして十分な説明を受けて下さい。

 暴力を受けた場合には、必ず医師の診断書をもらっておきましょう。

 そして、怪我の状況を残すため、患部の写真を撮っておくと良いでしょう。

 また、詳細な状況を記録した日記をつけておくと補完的な証拠になります。

 暴力は刑事事件にもなる違法行為ですから、警察への通報や相談も有効な手段です。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です