ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

夫は気に入らないことがあると、すぐ暴力をふるいます。

Q 夫は気に入らないことがあると、すぐ暴力をふるいます。これ以上耐えられないので離婚したいのですが可能ですか。

A 配偶者から暴力や虐待行為によって夫婦関係が破綻した場合には、民法770条1項5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当し離婚することができます。

 暴力は、身体的な暴力にとどまらず、精神的・性的・経済的な暴力も含みます。例えば、性行に際し、夫が妻に対し必ず靴を履くことを強要し、過度にわたる性交渉を求めていた場合には性的な暴力にあたるとされた事例もあるようです。

 また、「前の女には殴ったり蹴ったりしたけど、お前には手を出さないでおこう」などと言って、妻を威嚇して強制的支配下におき、夫の言いなりにさせていたような場合も精神的な暴力にあたるものと思われます。

 最近は、妻からの精神的虐待に悩む夫も増えています。

 暴力や虐待行為がある場合、早期に専門家に相談されることをお勧めします。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です