ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

夫は否定していますが不倫しているようです。

 配偶者に不貞行為(不倫)が有る場合、基本的には離婚が認められます(民法770条1項1号、2項)。

 ただし、婚姻関係を継続した方が良いと認められるような特別な事情があれば、離婚が認められないこともあります。

 例えば、夫婦関係の悪化が不貞行為以外のところにあり、経済的な面などもふまえて考慮すると離婚しない方が妻にとって幸せと判断される場合には離婚は認められないこともあります。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です