ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

離婚訴訟(裁判)って、どんな手続ですか。

 離婚の場合、調停前置主義といって、原則として調停からスタートします。調停での合意ができず調停不成立となった場合には、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することができます。

 協議離婚や調停離婚は当事者間の話合いにより合意を目指す手続ですから、民法(770条1項)に定められた離婚原因がなくても離婚できます。極端な話、当事者の合意さえあれば、嫌いになったから離婚ということも可能です。

 しかし、離婚訴訟で離婚が認められるためには、民法に定められている離婚原因が必要です。離婚原因というのは①配偶者に不貞な行為があったとき、②配偶者から悪意で遺棄されたとき、③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき、④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき、⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるときが挙げられます。とりわけ⑤が問題になることが多いです。

 離婚訴訟では、離婚とともに、未成年の子どもがいる場合は親権者の指定をします。また、同時に養育費、面会交流、財産分与、年金分割の附帯請求を行うことができ、離婚に基づく慰謝料請求もできます。離婚訴訟では、裁判官による判決がなされますから、終局的な解決を図ることができます。当事者がこの判決に従わない場合は、強制執行もできます。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です