ご予約はお電話またはメールで、土日の相談も可能です
052-932-1171

離婚の知識

お知らせ

離婚に関する手続の大まかな流れを教えて下さい。

 離婚についてどうしたらよいか分からないという方は、まず弁護士に相談してみて下さい。法律相談ということなら、30分あたり5000円で対応している弁護士が多いです。弁護士からアドバイスをもらうことで、解決の方向性が見えたり、解決に至る場合もありますので、お気軽にご相談いただければと思います。

 最初は当事者による話し合いで解決を目指します。いわゆる協議離婚を目指すことになります。とはいえ、当事者間で話し合うといっても、専門的な知識なしで話し合っていても埒があかないということもあります。その場合は、話し合い自体は当事者が行いますが、解決するまでの間、継続的に弁護士からアドバイスをもらうという方法もあります。法律事務所によっては協議離婚サポートというサービスがあります。最終的に当事者で合意ができれば、離婚協議書の作成も弁護士がサポートします。

 当事者本人同士の話し合いでは解決しない場合、家事調停(調停離婚)という裁判所の手続を利用します。調停離婚は、当事者自身で手続を遂行することもできますし、弁護士に依頼して同席してもらうこともできます。弁護士に依頼すれば、慣れない手続も問題なく進めることができます。

 調停でも解決しない場合は裁判手続へと進みます。裁判は、話し合いによる解決ということではないので、民事訴訟と同じように進んでいきます。裁判所での手続はすべて弁護士に代理してもらうことが可能です。

 裁判の判決に不服がある場合、第二審(控訴審)、第三審(上告審)と臨むことが可能です。なお、裁判手続に移行した場合でも和解することは可能です。

ご予約はお電話またはメールで
土日の相談も可能です